令和3年度 研究記録・・・

令和3年度 あひる組・0歳児 研究発表

テーマ『感触遊び』

〇はじめに

日々の保育の中で、様々な感触を楽しめるようにし、色々な感触の違いを楽しむ中で、五感を刺激しながら、興味や関心を抱き、自ら進んで遊ぶ意欲を育んでいきたいと思い研究テーマに選んだ。
手指を使った遊びは子どもの成長・発達を良くしてくれるものと考えられる為、色々なものに触れ、ドロドロ・サラサラ・温かいなど様々な感触を手から感じ取り、つまんだり握ったりと指先の発達を促していけるよう取り組んでいきたいと思う。
また、手指の発達のみならず生活面の発達・意欲の高まりにも繋がるようにし、一年を通して子どもの成長を観察したい。月齢差がある0歳児クラスなので同じ遊びの中で、形や大きさ・関わり方を変えながら、月齢に合わせて遊べるよう工夫しながら取り組んでいく。

4月

〇布遊び

シフォン布をゆらゆら揺らすと、子どもたちも興味を持ち、布を触ろうと手を伸ばし感触を楽しみ始めた。フワフワと揺れるシフォン布の動きをじーっと見つめたり、目で追っていた。シフォン布を握ってフワフワした柔らかい感触を楽しんだり、全体にかぶせると、感触や肌触りに笑顔を見せたり触ろうとする姿が見られた。保育教諭が布で顔を隠して“いないいないばあ”をすると、嬉しそうに笑顔を見せる子どもたちの姿が増えた。
保育教諭と触れ合う中で、目を合わせて遊ぶ事が出来、子どもたちの情緒の安定や信頼関係の築き・深める機会となった。

〇スーパーの袋

スーパーの袋のツルツルとした感触、ギュッと握るとカシャカシャとなる音などを楽しんでいた。カシャカシャと音が鳴る事がわかると、両手で握ったり振って音を出したりして遊んでいた。
この頃の子どもたちは、音の鳴る物によく反応し、泣いていても音の鳴る玩具であやすと、音の鳴る方向を探し、自然と泣き止む姿が見られた。
低月齢児はまだ振ったり、うまく握ったりは出来ないが、少し触れるだけで音が鳴る為、手足をバタバタと動かしながら袋の音を聞いているようであった。

〇足型

こいのぼり製作で足型を取った。筆で足裏に絵具を塗ると、くすぐったそうにしたり、嫌がって泣いてしまう姿もあったが、反応がほとんどない子どももいるなど、個々に様々な姿が見られた。

5月

〇スポンジ

様々な大きさのスポンジを用意すると、興味を持ち触ろうと手を伸ばしたり手の平全体で柔らかい感触を楽しみ、握るなど遊んでいた。高月齢児は、指先でつまみ、ぽっとん落としのように入れ物の中に押し入れて楽しんでいた。
初めは上手く出来ず保育教諭と一緒に行ったが、繰り返し遊ぶうちに手の平や指先を使って入れられるようになった。
低月齢児はスポンジを握る事も難しく、一瞬掴んでもすぐ手から離れてしまったが、保育教諭が手の平や足の裏などにスポンジをくっつけたり、擦ったりしながら感触を楽しめるようにした。足の裏はくすぐったいと感じるのか足をよく動かしていた。

〇砂遊び

泣いている子どももバギーに乗ると落ち着いたので、晴れた日には出来るだけ園庭に出るようにした。砂は外での遊びでしか触れる事が出来ないので、今回初めて砂に触れる子どもも多く、少し苦手そうな子どももいた。
高月齢児を中心に楽しみ、手の平に砂を乗せると、初めは不思議そうに見ていたが、砂をギュッと握ったり、手の平からサラサラと落として遊んでいた。低月齢児は保育教諭が砂を手の平に乗せて見せると、興味を持ち砂に触ってみようとする姿も見られた。

6月

〇砂遊び

先月に引き続き砂遊びを取り入れた。砂に触れて遊ぶと、地面に手を付けてグーパーを繰り返しながら砂を握る感覚や手から離れる感覚を楽しんでいた。砂を触る事にも慣れてきた様子で、自分から触ろうとする姿がよく見られた。低月齢児も腹這いになりシートの上から手を伸ばして砂を触ったり握って遊んでいた。高月齢児はスコップや容器を渡すと持って遊んでいたが、すくって入れる事は少し難しいようであった。

〇泥遊び

砂遊びから少し発展させて、泥遊びに繋がるようにした。泥の感触に不思議そうな表情を見せる子どもなど様々であった。泥の感触を苦手そうにする子どもたちには、保育教諭が手に乗せて興味を引くよう言葉掛けをしながら、少しずつ楽しめるようにした。保育教諭が泥を触る姿を、子どもたちが目で見て楽しむ事が出来たのか、保育教諭が持つ泥に指先でそっと触れる姿が見られ、次は手の平で感触を確かめながら、泥遊びを楽しんでいた。

〇卵パック

卵パックを持った瞬間にギューと指に力を入れてへこませてバリっと音を出し、手指を動かす事で音が鳴る事がわかると、同じ動きを繰り返し楽しんでいた。卵パックの形が歪な為、低月齢児はへこませる事が難しく音を出して遊ぶ姿はなかったがツルツルした素材を感じるように触れていた。

〇指スタンプ

指先に絵の具を付けて、画用紙にスタンプをした。指に色が付くとキョトンと不思議そうにしながらも、自分で絵の具に手を伸ばして画用紙に色が付く事を楽しんでいた。絵の具の冷たい感触も気持ち良いようで、絵の具を触って遊ぶ姿も見られた。低月齢児の子どもたちは、手に付いた絵の具を眺め、机を叩くように手を動かしながら画用紙に色が付く事を楽しんでいた。

7月

〇水遊び・泥んこ遊び

泥や水に興味を持ちすぐに遊び始める子どもや、様子を伺いながら少しずつ楽しむ子どもの姿など様々であった。
水遊びは初回から積極的に遊びたいとタライに向かい、水面を叩いて水しぶきを上げて、顔や頭にかかっても平気な様子であった。
左右に手を動かし、水をかき混ぜるような遊びをしたり、カップなどの玩具を持つと、すくって自分や友達に水を掛ける姿が見られた。
魚やボールの形のスポンジは初め興味が薄かったが、回数を重ねていくうち、保育教諭が振ったり絞ったりする姿を見て、高月齢児は同じように遊び出し、握ると水が出てくる・振ると水が飛んでくるなどがわかり繰り返し遊んでいた。
低月齢児は物を握ったりする力が弱く、玩具を持ってもすぐ手から離れてしまっていた。玩具で遊ぶより水自体に触れている姿が多かった。
6月に行った泥遊びとは違い、全身で楽しめるようにした。泥んこ遊びも水遊びと同様に、積極的に遊ぶ姿が見られ、裸足で抵抗なく歩いたり、ハイハイで移動していた。泥水でも水遊びと同じように水面を叩いたり、水しぶきを楽しんでいた。
低月齢児も泥の上で腹這いになり、手をグーパーさせながら手の平や指先を見つめて感触を確かめていた。

〇ウォーターマット

圧縮袋にスポンジやスパンコール・プニプニボールなど様々な固さや形のものと水を入れて作成した。水でユラユラと揺れ動くスポンジなどを見たり、ひんやりしたマットの気持ち良さを味わい、袋に入った水の感触も不思議そうであった。
見て楽しむという事は難しいのか、水の動きに興味を示す子はほとんどいなかった。実際に触れると感触が面白く、ひんやりするという事が分かり、足で触れてみる子どもや頬をくっつけてみるなど、それぞれの方法で楽しんでいた。

〇野菜スタンプ

オクラ・ピーマンで野菜スタンプを行った。初めは野菜自体に触れられるようにし、子どもたちは興味を持って手を伸ばして触ったり、眺めていた。保育教諭がまずスタンプすると、スタンプした場所の絵の具を指で伸ばしたり、野菜を持って真似てやってみようとしていた。細いオクラを握るよりも、掴めるピーマンの方が高月齢児・低月齢児共に持ちやすそうだった。
まだ、低月齢児は握る動作が難しく、途中で手から落ちてしまったり、目の前の紙が気になってクシャクシャと握ったり、引っぱったりしていた。

8月

〇氷絵具

高月齢児は指先でつつくように触れ、冷たいからなのかなかなか掴もうとしなかった。慣れてくると掴んで氷を動かしたので、紙に色が付く事に気付き、溶けて色水になった部分をピチャピチャと叩き始める子どももいた。一人がやり始めると真似をして色水のしぶきで遊びだす姿が見られた。
低月齢児はつついたりするような姿はなく、嫌がる事なく掴み、冷たそうにする反応もなく楽しんでいた。手から離れるとまた掴もうとしていた。高月齢児のように画用紙に色が付いている事はあまり分かっておらず、ただ手で持って感触を楽しむように氷に手を伸ばしていた。

〇寒天遊び

色を付けた寒天を用意し子どもたちの前に出すと、抵抗なく握り始め、寒天を握りつぶしながら感触を楽しんでいた。
中には抵抗する子どももいた為、ビニール袋にも寒天を入れ、袋の上から握って遊べるようにもした。
足でも触れられるようにすると、手より足の方が抵抗なく遊び始め、足踏みをして感触を楽しんでいた。
そのうちに、しゃがんで指でつまみ子どもたちなりに触れる事が出来ていた。
細かくつぶれ、形が変化していく事が面白いと感じたのか必死に小さくつぶしていた。最後の方は細かく形が崩れ、水遊びの感覚になっていたのか水をパシャパシャするような手の動きで寒天に触れていた。

9月

〇フィンガーペイント

保育教諭が絵の具を準備していると「何をしているの?」と興味を示し、様子を伺う姿が見られた。汚れる事が嫌な子どももいたが、手に絵の具が付くと不思議そうに手の平を見つめ、絵の具が付いた手で画用紙を触ると色が付くので、色々な所にペタペタして楽しむ姿が見られた。手だけでは物足りず、足にも絵の具を付けてダイナミックに遊んでいた。
低月齢児で積極的に参加出来ない子どもにはジップロックに絵の具を何色か入れて、袋越しに絵の具を指で伸ばせるようにした。指先で触るという感じではなく、手の平も使って叩くようにして色を伸ばしていた。

〇片栗粉遊び

初めは粉に触れて遊び、興味を示していたが、感触が不思議だったのか再度手を伸ばそうとはなかなかしなかった。水を足してトロトロになってくると水遊びを思い出したかのように次々と手を伸ばして握って遊んでいた。
熱で溶かしたお餅のようなモチモチした感触の片栗粉は気持ち良かったのか、夢中になって遊んでいた。もう一つ熱で溶かしゼリー状にした片栗粉を容器に入れ、水の中に入れるとゼリーが固まりプルプルとした感触の物を用意した。ゼリー状の片栗粉よりもタライに入った水を気に入り、次々手を水に入れていた。感触の違う片栗粉を保育教諭が触って見せると、子どもたちも一緒に触る事が出来た。水の中からプルプルをすくい出して見せたり、また水の中に落としてみるなど、長い時間興味を持って遊んでいた。
低月齢児の子どもも長く座れるようになり、支えるとしっかりと座る体勢になる子どももいて遊びやすくなった。

10月

〇二色の浜へ散歩

二色の浜まで長距離の散歩に行き、園庭の砂とは違う砂浜の砂に触れたり、貝殻を見つけて遊んだ。広い砂浜が凸凹で、歩くたびに靴が砂に埋もれそうになり少し歩きにくそうではあったが、一歩一歩バランスを取って一生懸命に進む姿が見られた。歩けない子どもたちは、ハイハイしながら手の平で砂の感触を感じ、時々手に付いた砂を見ていた。サラサラで貝殻の欠片が入り混じった砂を、小さな手で握ったり開いたりしながら夢中になる子どももいた。
近くに見える海にも興味を持ち、指を差して訴えたり海に近づき眺める姿もあり、砂の感触だけでなく、波の音や匂いなど聴覚・嗅覚でも感じていた。

〇風船遊び

風船の中に片栗粉・水・ペットボトルの蓋を入れ、柔らかい感触と硬い感触の物を用意した。子どもたちに手渡すと握らずに手に乗せていただけだったので、指を動かして握る姿を見せると、同じように握り始め、握った時に風船の形が変わる事に「おもしろい」と感じたのか、保育教諭と目を合わせて笑顔を見せていた。
高月齢児は手の平や指先を使って握り、低月齢児は手の平全体で触っていた。

11月

〇すずらんテープ

フープにすずらんテープを付けてトンネルのようにした。すずらんテープに触れながら“シャカシャカ”と鳴る音が楽しく、すずらんテープを揺らしたり引っ張ったり取ろうとするなど、音と感触を楽しむ。フープの中に入って行き、「ばあ」と顔をのぞかせて保育教諭や友達と顔を見合わせて笑って遊んでいた。
また、すずらんテープを指先でつまんで裂いて遊ぶ姿も見られた。
低月齢児でも裂ける子どももいた。裂いていく感触が面白いようで、集中して次から次へと裂いていた。

〇落ち葉

散歩に行った時に落ち葉を見付けると、手を伸ばしてちぎって眺め、握って落ち葉の感触を楽しむ姿が見られた。クシャクシャとした感触や音が面白いようで繰り返し楽しんでいた。
たくさんの落ち葉を見付けて、踏んで見せると高月齢児も真似て踏み“カシャカシャ”となる音や感触が心地良く、笑顔を見せて楽しむ。音が出るものには反応が良く、飽きずに遊び続けていた。
「はっぱ」という言葉も聞かれ、見たもの聞こえたものを声にして発し、やりとりしながら散歩を楽しむ事が出来た。

12月

〇米粉粘土

始めは粉の状態を見せると、触れるまでに時間が掛かっていた。触り始めるとフワフワ・サラサラとした手触りを楽しみ、気持ち良さそうに触っていた。指先に白い粉が付くと、指先同士をこすり合わせて指に付いた粉を取ろうとしていた。水を入れる時には、一気に興味が増し、身を乗り出してみようとする。水を使う事に関しては「楽しい」「触れたい」という気持ちが沸き上がるようであった。水を入れて粘土になると、保育教諭の手の動きを真似て、こねたりちぎって遊ぶ姿が見られ、高月齢児は塊りを指で押したり握って遊んでいた。低月齢児の方が細かくちぎり、どんどん小さくして遊ぶ姿が見られ、他にも長細くした粘土を引っ張って遊んでいた。
手で触れた後にはジップロックに入れ、自由時間にもビニール越しに触れて遊べるようにした。
足での感触も確かめながら指先を曲げて粘土の形を変えている子どももいた。

〇革製作

革に手型を取り、クリスマス製作にした。以前は手型を取った時やフィンガーペイントを行った際は紙の台紙だったが、今回は革を台紙として取り入れ、手型を取る前に革の感触を楽しんだ。革によってツルツルザラザラがあり、指先でなぞって感触を確かめたり、大胆に手全体でクシャクシャと掴んでみる姿があった。筆で手に絵の具を塗る際は、不思議な感覚に食い入るように自分の手を見つめていた。画用紙と違い手を押す際、手のひらが革にフィットしているように見えた。

1月

〇新聞・広告

広告遊びでは、広告を手にするとヒラヒラさせたり、広告の写真やイラストを見ていた。保育教諭がビリビリと破く姿を見せると、同じように破いてみたり両手でクシャクシャにして遊び始めた。破いた時の音にも反応し、破っている時の振動も気持ち良く感じているようだった。
高月齢児は指先に上手く力を入れて破る事が出来ていた。中には力づくで引っぱり紙を破る子どももいた。ちぎって小さくなった紙を更に小さくちぎる事を繰り返し続けながら、指先で摘まむ程小さくなっていた。

〇お花紙

薄くて柔らかい紙の感触を楽しみ、細かくちぎっていく子どもがいたり、ちぎろうとしてもなかなか切れ目が入らず、ちぎれずにいる姿が見られた。
様子を見ながら、切れ目を入れて破りやすくなるよう手助けし、破る感覚を感じられるようにした。水を加えて粘土のようになると気持ち良いのか指先で摘まんで触ったり、ちぎって遊んでいた。
中には触れる事に苦手意識を持ち、触れようとしない子どももいた。

〇マグネット

マグネットはマグネットブロックを使用した。マグネット同士がくっついたものを、指先に力を入れて一つひとつ外して遊んだり、壁を使って貼り付けて遊べるようにした。くっついたマグネット同士を離す際は、指先に力を入れてくぼみに指を入れこもうとしたり、持ち方を変えたりなどを試しながら挑戦していた。
壁に貼られたマグネットを剥す際は、壁にくっついたままスライドさせ段差のあるところで指を引っ掛け、子どもたちなりに考えて取ろうとしていた。
磁石の力に敵わず何度やっても剥す事が出来ない子どももいたが、繋ぎ合わせてくっつけていく遊びを楽しむ姿が見られた。

2月

〇トイレットペーパー

トイレットペーパーは紙の状態から感触を楽しめるようにした。ロールから少しずつペーパーを長く伸ばしていくと、子どもたちも手を伸ばして触れ、ペーパーの端を持ち、引っぱれば引っぱるほど長くなる事が面白かったようで、気付けば部屋の端から端まで伸ばしていた。頭の高さにペーパーを伸ばしてみると、その下をくぐり抜けてトンネル遊びをしたり、ちぎったペーパーを踏んで足で感触を楽しむ姿も見られた。
水を含ませるとペーパーがどんどん小さくなり、保育教諭が指先でつついてみると同じようにツンツン触れ、慣れてくると手でしっかり握り、握った形に変化する事に気が付くと何度も繰り返して楽しんでいた。

3月

〇パン粉

パン粉の入った袋からタライの中に移し入れていくと、落ちてくるパン粉に手を伸ばして手の平で触れていた。手の上に落ちるパン粉を掴もうと手をグーパーさせて握ろうとしたり、タライの中にたまっていくパン粉をかき混ぜたり、握りながら手で感触を楽しんでいた。素手で十分に触れた後にスコップと容器を提供すると、砂遊びをするようにすくっては流し落としたり、容器に移していくなど遊ぶ姿が見られた。流し落とす際、砂とは違った軽い感覚やサラサラ落ちていき、流れ落ちるパン粉を繰り返し眺める子どももいた。
サラサラのパン粉の感触を楽しんだ後は、水を加えてベチャベチャした感触からこねていくにつれて粘土のように固まるようにした。粘土になったパン粉を手渡すと、細かくちぎり指先に集中して無心でちぎっていく子どもがいた。指にくっついた粘土を取ろうと床に擦りつけようとしたり、片方の指でもう片方の指先を摘まんでみるなど、子どもたちなりに考えて手指を動かしていた。
また、今まで取り入れてきた感触遊びを数種類並べ、好きなものに触れて遊べるようにした。スズランテープ・卵パック・ジップロックに入れたパン粉・パン粉粘土・洗濯のりを用意すると、音が鳴る卵パックに関心が集まっていた。押せば押すだけ音が鳴り、手指をしっかり動かしていた。

〇まとめ

様々な触り心地を楽しむ事が出来る感触遊びで指先の感覚を育んできた。感触の素材選びは前期で音が鳴るものや身近な布遊びを、中期には季節にちなんだ涼めるもの・開放的でダイナミックに遊べるもの、後期には指先を使うものを中心に選ぶようにした。低月齢児・高月齢児・苦手な子どもも抵抗がないよう工夫したが、上手く月齢に合わせられた部分と難しい部分もあった。
前期ではビニールや卵パックに触れ、高月齢児の子どもも指先に上手く力が入らずあまり音を鳴らす事が出来なかったり、触れているものが手から離れてしまう様子が見られた。
低月齢児は上手く握る事が出来ないため、見ているだけが多くなっていた。3月に入り、今までに取り入れてきた感触を並べて遊ぶと、卵パックは“どこを押せばよく音が鳴る”という事がわかり、自分で音を出しているという感覚に喜びを感じ、繰り返し鳴らし続け楽しむ様子が見られた。
ふれあい遊びや赤ちゃん体操を取り入れ、手や足のマッサージで人の指で触れる事も大事な感触・感覚の一つであると感じた。ずり這いやハイハイがなかなか難しい子どもには足の裏を支えたり、もんだりしながら動きを促すと日に日に上達していた。
夏の時期になると水遊びや泥んこ・氷・寒天などに触れ、手で触れる事はもちろん足で触れる事によってまた違った感覚を感じる事が出来るようにした。手で触れる事に抵抗がある子どもも足で触れられるようにすると挑戦出来たので良かった。
年間を通して反応が良いのは「水」であった。粉や紙の遊びの際は形を変化させる為、水を使う事が度々あったが、水を加える瞬間に目を輝かせて見ている姿が多かった。お風呂や手洗いなど生活の中で水に触れる事がある為か抵抗なく積極的に水に触れようとしていた。
一つの素材から形を変化させる事で不思議さ面白さを感じる事が出来ていたのではないかと思う。
スポンジ遊びはコーナー遊びの中に置き、いつでも遊べるようにしてきた。穴よりスポンジを小さくする事で摘まんだり、握りながら穴に入れる事が出来た。後半になるとその事を理解し穴の前で摘まんで押し込む事が出来るようになっていた。
スプーンの持ち方やおやつの摘まみ方など様々な感触遊びや指先の遊びを通して、生活面に繋がっていた部分もあったのではないかと思う。
大きくなるにつれて汚れる事に抵抗を示す子どももいたが、全体的にどの感触遊びも興味を示し「触れてみよう」「楽しい」と好奇心を育む事が出来、0歳児の小さな子どもたちでも一人ひとりそれぞれが、考えながら遊ぶ事が出来ていた。様々な感触を知り、たくさんの経験や体験が増えたのではないかと思う。
今後も子どもたちの好奇心を引き出せる保育を追求し、感触遊びの楽しさを伝えて行きたいと思う。